>  > 思い出してニヤニヤしちゃいました

思い出してニヤニヤしちゃいました

自分にとってそれほど好みの女の子だったってことですかね。相手をしてもらったJという風俗嬢との時間は今でも思い出すとニヤニヤするほど素晴らしいものだったんですよ。一言でいえば彼女と肌が合ったってことかなと。これまでいろんな女の子と風俗で楽しませてもらいましたけど、相性が何より大切だと思うようになってきたんですよね。それは本当に実感しているんです。だからこそ、彼女のように相性の良かった女の子は忘れられないっていうのもありますよね。快感だけであればいつでも楽しめると思うんです。でも彼女に関しては満足感が違うというか、余韻までたのしませてもらいましたね。だから物凄く覚えているんです。それに体の愛称も良かったと思いますけど、単純に彼女のルックスも自分好み。結局そういったタイプというか、自分が好みだなって思うような女の子との時間は印象に残るってことなのかもしれませんが、いずれにせよこのニヤニヤは当分収まらないでしょう。

思いの外良い物だなと

この前の話ですが、久しぶりに風俗を楽しんできたんですけど、デリヘルっていう初ジャンルの風俗を楽しんできたんですね。どんなものなのか利用したことがなかったのでよく分からない部分もあったんですけど、実際に利用してみると思いの外良かったですね。当初は緊張というか、女の子だけがやってくるってことで、もしかしたら女の子も適当というか、お店の人がいないのでこちらに対してあまり良い対応をしてくれないんじゃないかとかネガティブな気持ちもあったんですよ。でも蓋を開けてみたら全然そんなことはありませんでしたね。むしろかなり一生懸命。それにホテルで二人きりってことで自分自身、気持ちがかなり燃えました。プライベートな空間というか、お店とはまた違った気持ちを味わえましたね。お店の風俗の方が好きかなって思っていたんですけど、これだけの気持ちを楽しめるなら今後はデリヘルも良いなって。むしろこれからデリヘルにハマりそうです。

[ 2016-11-14 ]

カテゴリ: 風俗体験談